筍憩会とは

  1. ホーム
  2. 筍憩会とは

筍憩会について

 

社会福祉法人 筍憩会では、あるぺじお、わかば、らぽるて、伊都障がい者就業・生活支援センター、ピア・サラ(グループホーム)、サンメゾン(グループホーム)などの施筍憩会とは設で、就労移行支援事業、就労継続支援B型事業、自立訓練(生活訓練)事業、障がい者就業生活支援、相談支援事業、グループホームなどの支援活動を行っております。

和歌山県橋本市周辺で、日常生活を送ることが困難な障害をお持ちの方はお気軽にご相談ください。様々な支援がございますので、ご自身が置かれている状況や、不安に感じておられることをできるかぎりサポートしてまいります。一人でお悩みになる前に、まずはお電話にてご相談ください。ご連絡お待ちしております。

筍憩会 3つの理念

筍憩会 3つの理念

筍憩会のあゆみ

1977(昭和 52)年 「社会福祉法筍憩会」の前身「憩いの家共同作業所」開所
2003(平成 15)年10月1日 「社会福祉法人筍憩会」認可
2004(平成 16)年6月1日 障がい者総合社会復帰施設あるぺじお開所
2004(平成 16)年10月1日 精神障がい者地域生活援助事業あっとホームはらだ(グループホーム)開所
2005(平成 16)年10月1日 あっとホームはらだ から ピア・サラ(グループホーム)へ移行
2005(平成 17)年12月1日 精神障がい者居宅介護等事業ホームヘルプサービス開始
2006(平成 18)年10月1日 障害者自立支援法へ移行
障がい者総合社会復帰施設あるぺじお
※就労移行支援事業
※就労継続支援B型事業
ピア・サラ
※共同生活援助事業(グループホーム)
2007(平成 19)年4月1日 伊都障がい者就業・生活支援プレセンター開所
※和歌山県障害者就業・生活サポートセンター事業
2007(平成 19)年10月1日 障がい者地域生活相談センター開所
※相談支援事業
2007(平成 19)年10月1日 サンメゾン開所
※共同生活介護事業(ケアホーム)
2007(平成 19)年10月1日 居宅介護事業、ホームヘルプくれしぇんどに名称変更
2007(平成 19)年12月1日 ピア・サラ
※共同生活介護事業(ケアホーム)開始
2008(平成 20)年4月1日 伊都障がい者就業・生活支援センター開所
※障害者就業・生活支援センター事業
(和歌山県障害者就業・生活サポートセンター事業から移行)
2009(平成 21)年5月1日 サンメゾン
※共同生活援助事業(グループホーム)開始
2012(平成 24)年1月1日 障がい者総合社会復帰施設あるぺじお
※自立訓練(生活訓練)事業開始
2013(平成 25)年1月4日 伊都障がい者就業・生活支援センター・相談支援事業が
橋本市保健福祉センターへ移転
2014(平成 26)年4月1日 若葉作業所 合併
ホームヘルプ くれしぇんど 終了
2018(平成 30)年4月1日 名称変更
障がい者総合社会復帰施設 あるぺじお→あるぺじお
若葉作業所→わかば
らぽるて開所(あるぺじお分室より独立)
・自立訓練(生活訓練)事業
・就労継続支援B型事業